teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


旧の設定

 投稿者:22:43  投稿日:2014年12月27日(土)01時03分37秒 p7116-ipngn2501aobadori.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  [名前] 筑波 旧 -Fulu Tsukuba-
[性別] ♂
[年齢] 18
[身長・体重] 167cm/56kg

[容姿]
 弟たちと違ってその風貌は普通の高校生そのもの。それなりについた筋肉と整った顔立ちから見た目のスペックは偏差値53の認定を受けている(フツメン以上だけど決してイケメンではない) 弟たちとは共通した面影こそあるものの父親の血を強く受け継いだのか男性的で、弟たちと間違われることはまずない。普段着は弟たちと共有しているためパーカーやジーンズやチノパンなどラフでカジュアルなものが多いが、本人たちの好みかあまり派手な服装は好まない。


[性格]
 兄弟、はたまた一家の中で最も人懐っこい性格。初対面の相手であっても難なく会話ができるし、すぐに打ち解けるとこが多い。良く言えば人を信用しやすいし、悪く言えば人を疑うことをしない。しかし馬鹿なのかと言われる問う言うわけでもなく、一家の長男として人をまとめることを得意とする面も垣間見ることができ、みんなの中心になるというよりもそっと支える立場の方が多い。


[装備]
 <鉄球/200個> 直径6mm(BB弾と同じ直径)のアルミ鉄球。軽量で大量に所持しても邪魔にならず、調達が容易であることから旧の主要装備である。能力によって初速300m/sで打ち出す。速度自体は9×19mmパラベラム弾と同程度であるが、弾自体の質量が小さくまた球形であることから距離が離れたものに対する有効性は低い。十分な破壊力(人を殺傷できる能力)をもって使用できるのは半径が30m程度である。

 <金属矢/20本> 長さ15cm、直径4mmの鉄球同様アルミでできた矢。気持ち程度に羽が3枚ついており、パッと見た感じではただの棒に見える。ふくらはぎに2本ずつ、太ももに2本ずつ、腕に4本ずつ、腰に2本、胸部に2本と全身に隠し持っており、どんな体勢からでも素早く打ち出せるようになっている。また各部位の外側に位置するよう身に着けているため、とっさの防御で身体が傷つくことを防ぐ役割もある。


[能力]
 <力学操作> あらゆる力学を超えて操作できる。エントロピーの増大を止めたり、熱の移動方向を変えたりと、その多くは熱力学に関する操作であり、熱力学に反した操作を可能とする能力である。この能力は正しくは"第二法則違反"と呼ばれる。第二法則違反は熱は高温物体から低温物体にのみ移動するというものを覆すもので、能力が影響している範囲内であれば旧の意思によって低温物体から高温物体への熱移動が可能となる。つまり能力が影響する範囲内であれば永久機関が実現する。また、熱エネルギーを直接電気エネルギーや運動エネルギーに変換することを可能とする能力であるため、攻防ともに使える非常に強力な能力である。

 <力学保存> あらゆるエネルギーを完全な形で保存することができる。厳密にいえばエネルギーの移動(エントロピーの増大)を止める能力で、許容範囲内であれば旧の意思でエネルギーの放出を操作できる。言い換えれば完全に独立した力学系を生み出せる能力ある。

 <力学制限> 上記二つの能力は組み合わせることによって無造作にエネルギーを操作することのできる非常に汎用性の高い能力である。相手の攻撃を蓄えて一度に放出することで強力なカウンターアタックを容易に行うことができる。しかしそんな能力にも不完全性が存在する。それは一度に処理できる量に限界があることである。具体的にどのような限界かというと、能力が効力を示すのは自分を中心とした半径25m以内であり、なおかつ能力者本人の意識が覚醒しており、十分な演算能力を有するときにのみであること。力学操作で変換できるエネルギーは5.0e+8J/sで、力学保存で保存できるエネルギーは1.8e+12Jと非常に膨大であるものの限界があることなどである。


[その他]
筑波兄弟の長男。能力柄周囲の温度差や微妙な物体の動きに鋭い。
能力の範囲を超えて行使を続けると代償的に人間的活動が困難になる(意識の損失、長期間の睡眠など)
筑波兄弟の中でも最高の耐久力と破壊力を持ち、その破壊力は核爆弾の比ではない。
 
 

察の設定

 投稿者:22:43  投稿日:2014年12月18日(木)23時26分4秒 p7116-ipngn2501aobadori.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  [名前] 筑波 察 -Miru Tsukuba-
[性別] ♂
[年齢] 17(黒とは双子の弟)
[身長・体重] 165cm/49kg

[容姿]
黒と同様に童顔である。身長体重ともにほとんど兄の黒と変わらないため、二人の判別を付けるのはある程度親しい人物でないと難しい。しかし装備しているものが決定的に違っているため、普段の生活で区別を付けることは容易。
服装自体は黒と服を共有しているためラフな格好が多いが、その背中には場違いにもほどがある無線機を背負っており、首には音を解析するためのヘッドホンを掛けている。


[性格]
黒に比べるとやや口数は少ないが、それは察自身が少し人見知りであることが原因である。ある程度打ち解ければ普通に会話もするし、笑顔も見せる。また筑波家の特徴である演算速度の速さも受け継いでおり、主に情報の解析を行う関数を扱った演算は一家の中でも群を抜いて速い。その実力はフーリエ変換を寝ぼけた状態でも行えるほど。


[装備]
 <広域多目的無線> 野外通信システムを本人の能力で応用させた無線機。あらゆる環境に対応する非常に丈夫な造りをしており、戦闘などで常に衝撃や粉じんにさらされる察にとってとても都合がいい。音声通信・データ通信ともに対応し、本人の能力を頼りに本来の用途以上の役目を果たしている。その反面、内部にある情報処理端末は察の演算をサポートしている。

 <多目的コード/2本> 有線通信、送電など、あらゆる用途に対応したコード。コードの直径は7mmで長さはそれぞれ70m。ワイヤー並の強度を誇り、本人の能力によって移動手段、攻撃手段として用いられる。

 <クレイモア地雷/2> 主に対人兵器として使用される。内部にある700個の鉄球を爆薬で特定方向(有効加害距離は約50m、加害範囲60°最大仰角・俯角共に18°)散弾させ殺傷する。鉄球のうち一つでも当たれば負傷するように開発された兵器のため、有効範囲内に対象がいる状態で使用すれば間違いなくダメージを与える。しかし無差別に弾が散乱するため、人の多い場所では使う事が出来ないデメリットを持つ。、

 <ロッド式警棒> 振り下ろして伸ばす警棒。伸び切った段階でロックされるため刺突などの攻撃も可能。最大長40cm、通常時は13cmほど。ジュラルミン製であるため能力と組み合わせて感電させることも可能。


[能力]
 <電力生成> 察の主となる能力。
その名の通り一定の範囲内で電力を発生させる。一定の範囲内とは500000kW/hで、これは原子力発電の半分の出力であり、日本における22000世帯が一日で消費する電力に等しい。この範囲内であれば電圧、電流、周波数を自由に操作できるほか、生成可能時間を短くすることによってさらに高出力を得ることも可能となる。数値的な縛りがあるもののその応用例は広く、基本的に電気で行うことができる事象はすべて本人の能力で自己完結できる。

 <電磁波生成> 察の補足的能力。
可視光、電波を除くほぼ全ての周波数で電磁波を発生させることができる。つまり赤外線や紫外線、X線やγ線など、使い方次第では非常に応用の利く周波数を自由に操作できる。

 <電磁波観測>
可視光を除くすべての周波数帯で電磁波を詳細に観測できる。電磁波の強度はもちろん、偏波、トレース、湾曲率、スクリプトなどを瞬時に解析できる能力。上記の能力と組み合わせて遠方の対象との距離を測定したり、空気の密度偏差や移動速度など、あらゆる測量を可能とする。

 <隠密詐称>
上記までの能力とは相反してこの能力は隠れること、騙すことに特化した能力である。大きく二つのタイプに分かれ、それぞれ一長一短である。

1.ステルス  隠れることに特化した状態。その仕組みは透過と吸収である。相手が何かを感じ取るにはこちらから何らかの情報を発信しなければならない。裏を返せばこちらから何も働きかけなければ相手はこちらを認識することができないということである。それを利用して可視光を透過させて目に見えないようにしたり、レーダーから発せられる電波を吸収したりするなど、できるだけパッシブとスル―を決め込むことに重きを置く。しかしステルスの欠点はこちらから働きかけができないため、相手に対してアクティブな対応が取れないことである(攻撃することが非常に難しい)

2.デコイ  騙すことに特化した状態。その仕組みは飽和と詐称である。相手がこちらに何らかの行動を起こすにはこちらを認識している必要がある。裏を返せば相手が正しくこちらを認識できなければ相手の行動が失敗に終わる割合は格段と増す。それを利用して相手の処理を超える情報を与えたり、本物に似せたおとりを使ったりと、アクティブとパッシブを積極的に切り替えることに重きを置く。しかしデコイの欠点は本物を正しく識別することを困難にすることは可能だが、存在自体を隠し通すことは難しいことである(完全な不意打ちができない)


[その他]
筑波兄弟の三男であり末っ子。能力柄解析や空間認識能力が高い。
能力の範囲を超えて行使を続けると代償的に人間的活動が困難になる(意識の損失、長期間の睡眠など)
筑波兄弟の中でも最高の索敵範囲を誇り、平野であれば数百kmの範囲で航空機を見つけられる。
 

黒の設定

 投稿者:22:43  投稿日:2013年 7月29日(月)23時32分2秒 p6020-ipngn1001aobadori.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  [名前] 筑波 黒 -Kuro Tsukuba-
[性別] ♂
[年齢] 17
[身長/体重] 163cm/48kg



[容姿]
童顔、実年齢より若干幼く見られる。通常時は真っ黒な黒髪を肩口ほどまで伸ばし、乱雑に切りそろえている。
感情が揺れる(怒り、驚き、恐怖など)と髪が腰くらいまで伸びる。
伸びると1時間程その姿になり、ぱっと見性別の判断がしづらくなる。
服装は薄手のシャツにパーカー、ジーンズと軽装。



[性格]
二重人格。表と裏があり、状態によって口調や判断力に差が出る。人格が替わるタイミングは、黒自身が
"相手が自分に対して有益では無いもの"と感じた状態で、何らかのきっかけ(攻撃される、不快な発言、不審な行動など)
があった時に代わる事が多い。しかし、これといった理由が無くても変わる事がある。

 <表人格>温厚、常識人。基本的に砕けた敬語でしゃべる。怒る事はあまりないが、それでも人並みに怒る。

 <裏人格>冷静。判断力が普通より上がり、戦闘やその他の物事に対して落ち着いて対処する。
     口調はさほど変わらないが、何処か冷たい感じになる

 <共有人格>何かが原因でキレると周囲に対しての破壊行動を執り。体力の限界を迎えるまで続ける。意識の有無は不明。
      要するに暴走。



[装備]
 <コピー用紙/150枚> 普通のA4コピー用紙。チョークと組み合わせて使う。腰のホルダーに収納。

 <チョーク/6本> 普通のチョーク。能力発動時に使用。腰のホルダーにコピー用紙と一緒に収納

 <H&K MP5> 全長:225mm 重量:3.08kg 装弾数:箱型標準弾倉30発 有効射程:200m 作動方式:クローズド・ボルト
9×19㎜拳銃弾をしようする携行サブマシンガンで、反動が小さく、フルオート射撃時の操作が容易。
そのため、サブマシンガンの中でも高い精度を有し、しばしば簡易狙撃銃と呼ばれることもある。
しかし実際には高性能自動短銃と呼ばれ、部類的には短銃(サブマシンガン)に属する。

 <サバイバルナイフ/2本> 刃渡り12cm、全長25cmのサバイバルナイフ。腰両脇のケースに収納。
戦闘だけでなく、ワイヤーソウ、方位磁針などが複合された切り出しのナイフ。
柄の部分は空中になっており、発煙筒、フラッシュバンが入っている。

 <ホルダー> 腰にウエストポーチの様な恰好で携帯しているホルダー。
コピー用紙やチョーク、分度器や定規、絆創膏や薬など、最低限のものが、最低限の量入っている。



[能力]
 <空間操作-Space operation-> 黒の主となる能力。
操作と言っても、空間内の点Oを始点に、そこから任意の点Pに物質、エネルギー、空間そのものを移動させる能力。
始点の位置を点Oとし、そこから点PをX、Y、Z軸から決定。それぞれの軸の値を何らかの形で求めなければならない。

値の求め方の例として、目測、三角測量、一定距離の二地点で、片方を移動させた時の比率測定、
一定速度で移動した時の時間から累積させる方法など、様々な方法がある。

一番良く使うのは三角測量だが、時間が無いときは目測で飛ぶ。しかし、どの方法を使うにしても、
X、Y、Z軸から位置を決定しないといけない点は同じである。また、処理内容を最小限に抑える為、二次元的な移動
(X、Y座標のみの計算で、グラウンドの端から端への移動など)のみを行う事もある。


特徴として、瞬間移動のように一瞬で移動できる訳ではなく、距離に応じて消えてから出現するまでにラグが発生する。
おおよそ100mの移動で0.5秒のラグが発生するが、黒自身の演算速度、移動させる物質の質量などによって若干誤差が出る。

そしてこの能力にはいくつかの制約や条件がある。
1.能力を行使する場合、その対象が自分に触れている。または自身の周囲10m以内に存在すること。
2.操作可能な対象は、現実的な質量、体積の物に限る。
3.元々物体が有った座標に物体やエネルギーを飛ばした場合、既存の物を押し退けて転送される。
4.能力が使用できるのは、能力者に意識があり、計算能力がある場合のみ。
5.平面移動の際、三角測量ではユーグリッド面で計算する為、長距離の移動では誤差が生じる。


 <エネルギー分離-Energy separation-> 旧の能力を一部コピーしたもの。旧には断然劣る上、使い道も狭い。
物質にある既存のエネルギーを、物体、物質からほぼ100%切り離す能力。
ほぼ100%と書いたのには理由があり、その物体や、物質が形を保つ上で最低限のエネルギーは分離出来ないからである。
また、分離してすぐ何等かの操作を行わないと、分離したエネルギーが物体に戻ったり、周囲に拡散したりしてしまう。
故に、重金属を核に変えたりすることは出来ない(原子構造を破壊する所までエネルギーを分離させる事が出来ない為)
副産物として、この操作を行った物の温度を急激に下げる事が出来る。


 <発現-Realization of the letter which wrote-> チョークで書いた文字が文字自信の意味通りに働く能力。
爆と書けば爆発が起こるし、硬と書けば書いた物体が硬化する。
普段はコピー用紙に予め書いてある物を使うが、床や天井などに書いて使ったり、
複数の文字を組み合わせて複雑な攻撃をしたりなど、応用が利く能力。
因みに、チョーク以外の筆記用具で書いた文字も有効。



[その他]
筑波兄弟の次男。使役、「地」の持ち主。能力柄空間の把握能力が高い。
使役の使い方は地形の隆起、重力の操作、地磁気、地面の熱容量、地下に含まれる鉱物などを操作する。
感情が揺れる(怒り、驚き、恐怖など)と髪が伸び、1時間程その姿になる。
使役酷使時の副作用は、体質の変化。例を挙げるならば、性別の逆転、体の成長が進んだり、戻ったり、
花粉症になったりetc と様々である。因みに、筑波兄弟の中で最高の移動能力をもつ。

 

筑波 黒 チートver

 投稿者:22:43  投稿日:2013年 3月 6日(水)23時40分37秒 p19115-ipngn901aobadori.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  [名前] 筑波 黒 -Kuro Tsukuba-
[性別] ♂
[年齢] 17
[身長/体重] 163cm/48kg


[容姿] 童顔、実年齢より若干幼く見られる。通常時は真っ黒な黒髪を肩口ほどまで伸ばし、乱雑に切りそろえている。
異常時は髪が腰くらいまで伸びる。ぱっと見性別の判断がしづらくなる。(その他参照)
服装は薄手のシャツにパーカー、ジーンズと軽装。


[性格] 二重人格。普段は温厚で普通に優しく、常識人。怒る事はあまりないが、人並みに怒る。
人格が替わると、酷く落ち着いた口調になり、殺人、加虐など、普段と真逆の行動をとる。
キレると周囲に対しての破壊行動を執り。体力の限界を迎えるまで続ける。人格が替わる時ははその他参照

[装備]
 <コピー用紙/150枚> 普通のA4コピー用紙。チョークと組み合わせて使う。腰のホルダーに収納。

 <チョーク/6本> 普通のチョーク。能力発動時に使用。腰のホルダーにコピー用紙と一緒に収納。

 <SV-98/1丁> 全長:1270mm 重量:6.2kg 装弾数:箱型弾倉10発 有効射程:1200m 作動方式:ボルトアクション
即射性に優れた銃で、市街戦において力を発揮する。普段はケースに折り畳んで担いでいる。
銃身に<停>の文字が刻印してあり、射撃時に直立した状態で打てる。

 <サバイバルナイフ/2本> 刃渡り12cm、全長25cmのサバイバルナイフ。腰両脇のケースに収納。
戦闘だけでなく、ワイヤーソウ、方位磁針などが複合された切り出しのナイフ。柄の部分は空中になっており、発煙筒、フラッシュバンが入ってる。

 <ホルダー> 腰にウエストポーチの様な恰好で携帯しているホルダー。コピー用紙やチョーク、絆創膏や薬など、最低限のものが、最低限の量入っている。

[能力]
 <発現-Realization of the letter which wrote-> チョークで書いた文字が文字自信の意味通りに働く能力。
爆と書けば爆発が起こるし、硬と書けば書いた物体が硬化する。普段はコピー用紙に予め書いてある物を使うが、
床や天井などに書いて使ったり、複数の文字を組み合わせて複雑な攻撃をしたりなど、応用が利く能力。

 <絶対的な"n次元"-Absolute"n dimension"-> 黒の能力、空間操作の究極形態。自由にn次元を生成、方向軸の自由度を操作できる。

■0次元
点のこと。方向自由度は0で、面積も長さも0

■1次元
線状の世界。点(0次元)を動かしてできる。
方向自由度は1(原点からのx座標のみで位置が決定する)
長さが登場する。(m1=メートル)
曲がっていても良い。

■2次元
面状の世界。線(1次元)を動かしてできる。
方向自由度は2(x,y座標で位置が決定する)
形が登場する。(m2=平方メートル)
直線を折りたたむことができる。1次元的に囲まれた物体は2次元方向に移動すれば脱出できる。
曲がっている場合は非ユークリッド平面になる。
マリオの世界など。

■3次元
空間。面(2次元)を動かしてできる。
方向自由度は3(x,y,z座標で位置が決定する)
管(穴の開いた物体)が登場する。(m3=立方メートル)
平面を折りたたむことができる。2次元的に囲まれた物体は3次元方向に移動すれば脱出できる。
曲がっている場合は非ユークリッド空間になる。
この世界は3次元空間である。3次元に住む生物は、2次元の目を通して物体を見る。

■4次元
超空間。立体や空間(3次元)を動かしてできる。
方向自由度は4(x,y,z,u座標で位置が決定する)
?が登場する。(m4=?メートル)
立体や空間を折りたたむことができる。3次元的に囲まれた物体は4次元方向に移動すれば脱出できる。
つまり、4次元空間では、箱の中身をふたを開けずに取り出すことが可能である。
4次元に住む生物は、3次元の目を通して物体を見る。つまり、箱の中身を透視することも可能。

■n次元 (上の性質を一般化)
n次元空間。「n-1次元の図形」を動かしてできる。
方向自由度はn(x,y,z,u,…座標で位置が決定する)
n-1次元の図形を折りたたむことができる。
n次元に住む生物は、n-1次元の目を通して物体を見る。

つまり、空間に対しての無作為な操作が可能な為、具体例を挙げるならば、
1.空間移動(3次元空間内において、2地点間の距離に関係なく一瞬で移動すること)
2.4次元ポケット(4次元空間内に3次元の物体を格納。4次元空間では体積は0?なので、幾らでも物体を格納できる)
3.湾曲反転(3次元空間を折り畳み、事象の方向をそっくり反転させる。4次元空間内で湾曲しているので、事象のベクトルを曲げているわけではない)
4.方向軸の範囲操作(xyz軸がどの範囲までを持つかを操作できる。つまり空間の大小を決定できる。)


そして最大の特徴が、「逸脱したものを方向軸として許容、制限する」ということである。

例えば、無効化という効果をu方向の軸として捉え、4次元空間を生成。uの方向自由度に制限を設ける(具体例の4を参照)

つまり、この制限内でしか能力を行使できなくなる
(方向自由度を0にするとuが存在しない事になるので、方向自由度を0より大きく設ける必要がある。)

というもの。仮に相手が無効、支配、分解、超高速での移動など、同時多数の能力を行使すれば、能力の数に対応したn次元空間を
生成することで相手との圧倒的戦力差を縮めることが出来る。しかし、これらは"許容"しただけなので無効化とは違い、
能力その物は有効で、効果は発揮する。しかし、無効化という能力が、能力を減退させる程度になるわけである。
これに対抗する唯一無二の手段は、こちらが生成した方向軸よりも多くの方向軸を生成することであるが、
此方が相手の空間生成の自由度を制限してしまうことも出来るので、事実上不可能である。

また、空間移動の際は空間を折り畳んで距離を縮めて移動するという方法なので、距離が長くなればその文移動に費やす時間も増える。
具体的には、超空間に入ってから、元の空間に戻るまで、100m移動するのに0.5秒費やすことになる。

なお、万能に見えるこの能力にも制限がある。その制限は以下の通り。(今後変更される場合有)

数値的制限
1.生成できる多方向軸空間は、合計で10まで(それ以上生成する場合、古い空間から消滅する)
2.同時に同じ方向自由度を持った空間を3つ以上生成することはできない。
3.連続した使用は現実的な回数(使用者の体力的面)に限定される。
4.方向自由度を制限する時、方向自由度は0より大きい値でなければならない。

状況的制限
1.この能力を使用することが出来るのは、使用者の意識がはっきりしている状態に限定される。
2.一度多方向軸空間を生成した場合、次の生成に3秒以上の間隔を置かなければならない。
3.エネルギーと物質、時間に対しての直接的な干渉は出来ない(空間を小さくしてエネルギー密度を高くするなどは出来る)
4.能力の使用には気力、体力が共に消費される為、酷使した場合長時間の休息を摂らなければならない。

概念的制限
1.多軸空間は不安定な物なので、生成後約3時間で消滅する。空間内の物体は消滅と同時に3次元空間にもどる。
2.この能力で生成された空間は自身を許容できない。
3.生成した空間内に、その空間の自由度以上の多軸空間を生成することはできない。
4.ある空間内に、その空間の方向自由度を越えた空間を格納する事は出来ない。

[その他]
筑波兄弟の次男。能力柄空間の把握能力が高い。
感情が揺れる(怒り、驚き、恐怖など)と髪が伸び、1時間程その姿になる。
人格が替わるタイミングは、相手が自分に対して何らかの障害を与える物として認識した場合で、
その度合いが強くなったときに入れ替わる。ある程度自分でその調整が出来るらしい。
 

レンタル掲示板
/1