新着順:11/2393 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スカひら博が選ぶサイケデリック名盤350枚

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2017年 2月24日(金)12時16分24秒
  通報 編集済
  327位 リップ・クリーム 「初期のリップ・クリーム」

ハードコアといえばリップ。有、花電車の横田さんは「リップを見てハードコア
を始め、リップを見てやめた」とGスコープで語っている。「ハードコアは生活
までハードコアにもっていかないとだめじゃないですか」という問題で普通、
出来ないということです。私もダンス・マカブラを見てからハードコアのライヴ
は行ってません。さて、リップの話、「クローズ・トゥ・ジ・エッジ」のような
いわゆる「名盤」とは違うけど、愛着の持てるこの84年のライヴ盤を。まず、
ドラムがラフィンのマルで、PILLではありません。音はディスチャージ
みたいです。「ロンリー・ロック」EPから4曲、入っているのですが、タイトル
曲がめちゃかっこいい。84年はギズムとか四天王世代の活躍が生々しくて、
このリップもギターとベースは元カムズで、当日の渋谷屋根裏でのオールナイト・
ギグの対バンはガーゼにエクスキュート、クレイ、それにガスタンク、ソドムとか
まで。SOB、OUTO、このリップ・クリームが新しいハードコア全盛期を築く
前の古き良き時代。インテリ・ハードコア帝王・リップ・クリーム。いいですよね。

326位 アズテック・カメラ 「ハイ・ランド、ハード・レイン」

オレンジ・ジュース、フェルトと並ぶネオアコの代表的バンドのファースト。次の
アルバムからは打ち込みみたいな音になってしまい、ネオアコ路線は、これ1枚きり
なので、ずっと人気があるアルバムです。ネオアコ精神の象徴として例の歌詞が
よくもちだされる「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」、クラブのネオアコ・
ナイトではお客さんがこぶしをつきあげて盛り上がる「ピラー・トゥ・ポスト」、
名曲満載です。「ザ・ボーイ・ワンダーズ」に顕著なロディ・フレイム独特の唱法は、
フリッパーズの「ボーイズトリコ」として生まれ変わったし、ギター・プレイも
バックボーンが変な独学で、ボサ・ノヴァとかを下敷きにしがちな他のネオアコ・
バンドとかなり違っています。歌詞がこわいのもネオアコの特徴であるなら、
これもなんかこわいです。
 
》記事一覧表示

新着順:11/2393 《前のページ | 次のページ》
/2393