投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


スカひら博が選ぶサイケデリック名盤350枚

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2017年 1月13日(金)16時59分39秒
編集済
  348位 サイキックTV「フォース・ザ・ハンド・オブ・チャンス」

ミスター・チルドレン「HANABI」を思わせるタイトルで、裏ジャケに
新垣結衣と戸田恵梨香が写っている。表ジャケは、ヒプノシスによるもので、
笹野高史の頭にいっぱい矢が突き刺さっていて、刺激的である。
さて、このプロジェクト、新興宗教「テンプル・オブ・サイキック・ユース」の
宗教音楽といった趣きで、全編ジェネシス・P・オーリッジによる作詞で、
教義が紡がれている。通して聴くと、言いたいことがなんとなく分かる。
ロネッツ「ビー・マイ・ベイビー」出来損ないみたいなリズムが延々続き、
途中から、裸のラリーズみたいなギター・サウンドになる「ターミナス」。
そして、ソフト・セルのマーク・アーモンド参加、珠玉のサイケ・ポップ
「ストールン・キッシィズ」。ものすごい名曲ですよね!
そのマーク・アーモンド独壇場「ギルトレス」では、耽美で妖気に満ちた彼の
歌が存分に楽しめる。代表曲「オヴ・パワー」は、EP4みたいなファンクですが、
音が細いんでちょっと。昔、国内盤で出たCDは、もろ宗教音楽なディスク2が、
オリジナルLP通りに付いていて、みなさんそれはお持ちでしょう。
今出ているサム・ビザール盤は、ディスク2の内容が、まったく違う。
本編の内容を補足しているような感じ。

347位 グル・グル「UFO」

ドイツのロックはニセモノばかりで、日本と似ている。グル・グルは、ジミ・
ヘンドリックス担当という感じ。アシュ・ラ・テンぺルのファーストもジミヘンで、
日本みたいにはっきり担当が決まっていないようだ。アシュ・ラが一瞬の閃きに
賭けているのと違って、こちらはめくるめくサイケデリック世界が展開されている。
なんとか聴ける感じになっているのは、やはり、マニ・ノイマイヤーの特異な
ドラミングによるところが大きい。フリー・ジャズをバカテク・ロックでやっている
のですが、ジャズ臭さを感じさせないところが、そのドラムの魅力。
1曲目「ストーン・イン」で堪能出来る。短い尺の曲なので、2017年的には、
この曲を「お好み」に入れて楽しむような聴き方が最適。
ジャケットに惹かれて、「ヒンテン」から入り、グル・グルはゆるすぎでちょっと
と思ってファーストを聴いてないという方に、この緊迫感に満ちたファーストを
聴いて欲しいです。

 

スカひら博が選ぶサイケデリック名盤350枚

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2017年 1月 7日(土)13時02分38秒
編集済
  スカひら博は新曲を作り続けています。歌9インストゥルメンタル1くらいの
比重にシフトチェンジしました。信号無視も出来ないありんこにされないために
がんばっています。

350位 ドノヴァン「インフィニティヴ・コレクション」

サイケ・ポップ歌手のベスト盤。95年に出た。それ以前に出ていたベスト盤を
みなさんお持ちでしょう。70年代の作品から9曲追加収録されています。
1曲もいい曲ないですが。「メロー・イエロー」「ハーディ・ガーディ・マン」
「サンシャイン・スーパーマン」60年代にロック・アンセムを3曲作った。
普通は一生に一曲しか作れないらしく、このことは素晴らしい。なので、ベスト盤。
いわゆる「もってる顔」で全盛期はビートルズ、ローリング・ストーンズの次に
人気があったらしい。日本では90年代に「エピスル・トゥ・ディピー」が
ピチカート・ファイヴの名曲「エアプレイン」で使用され、渋谷系の若い女の子に
人気が出た。元ネロリーズのカズミさんのユニット、カズミ・ウィズ・リッキーズが
「ジェニファー・ジュニパー」をカヴァーしたりした。ドノヴァンは、U2のボーノ
みたいなことをやっていたのかもしれない。今でもベックはそれをやっている。
プリンスはプリンスという名前がおかしく響くようになって名前がなんかわからない
記号になっていた。ピコ太郎を気にするタチなのだろう。内容に戻ろう。
なんといっても「カラーズ」だろう。ヴァン・ダイク・パークスが「ソング・サイクル」
で取り上げている。宇多田ヒカルよりもあんまりな歌詞で青は空の色とか歌っている。
ソフト・ロック的なアプローチの曲は他にもあって、聴き飽きた名曲を避けて
そういう曲をつまみ食いするのも2016年で有効だと思う。バットホール・
サーファーズが先の「ハーディ・ガーディマン」を重要レパートリーにしていたことから
わかるようにみすぼらしい音質なんですけど。内川聖一ファン必聴という感じ。

349位 アーント・サリー「アーント・サリー」

この世界中がワンダーランド、僕らはもうすでにワンダリング。とアイドリング!!!が
歌って始まった世界に僕らは今生きていて。リルビーの「君に歌ったラブソング」までに
起こらなかった歴史が歌われている。おはようアーントサリー走っておいで、
好きなだけお食べ、とフューが歌い始めて始まった物語はELTの「タイム・ゴーズ・バイ」
とかに引き継がれていってSMAPといきものがかりの「ありがとう」で終わった。
リルビーの終わった物語にまだ残り火、すぐに忘れる恋じゃない、すべて思い出と呼べるまで、
君は誰よりも愛した人という歌詞で終わった。アーント・サリーに話を戻そう。
阿木譲のプロデュースである。ビッケさんのとちくるったノーウェイヴギターや安っぽい
キーボードの簡単なフレーズにのってフューが暗黒な歌を歌っている。ジャケットは
デヴィット・ボウイの「ヒーローズ」の写真家が撮ったものらしく、すぐにそれとわかる。
作詞面で外れても、音楽だけは残る音楽である。
 

(無題)

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年12月23日(金)08時17分27秒
  私は、ここで、桑田けいすけを糾弾する

必要がある

暴力支配を推進する桑田を

軽蔑している

それのどこが黒い?

秋元康・小田和正は、争い事を避け、

泣き寝入りしようと呼びかけるが

作詞家として無能であると言える
 

スカひら博全曲検証⑪

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年12月17日(土)14時08分21秒
編集済
  気分転換で

給料が 上がるとでも思っているのか

世界の終わりの 次の日に

同じ学校や職場に行くつもりでいるのか

仲間はみんなやさしいかい?

忘年会で

生まれ変われるかい?


またLPの墓場です。65曲目からクライマックスです。
56宮脇咲良
57渡辺美優紀
58後藤萌咲
59溝手るか
60増井みお
61井上真央
62中元日芽香
63横山由依
64指原莉乃
65秋本帆華
66小林歌穂
67秋元真夏
68田中みな実
69大島優子
70本田翼

56高橋朝サイコー!57ヤマタカさん58デイヴ・ボール(元ソフト・セル)の
ザ・グリッドみたいな古くさテクノを思い出す。59ブリジット・バルドーみたいな
フレーズが入ってます。60これは良い。テクノイズ化する前のメルツバウの
スタジオ・ワークのような音。61は、59もそうだけどやくしまるえつこウイズ・
おっさんのラブ。絶対あきらめないウイ・アー・YMOという感じ。62パンク&
サックス・シリーズ。ビル・ラズウェルのフェイヴァリット・ハードコアは、
ザ・スターリンという感じ。63サティとか。ピアノを触ると音が出ますという
感じ。ザ・シャッグス、モーリン・タッカーの精神は全曲に取り入れています。
64モダン・ヒップホップ。降神っぽいかな。65ヴェルヴェット・アンダー
グラウンド・スカムの最高峰ではないかと。66シュトックハウゼン・スカム。
67バド・パウエル・スカム。68ソフト・マシーン(フェイスリフト時)の
ような演奏を速くしたらドモ・アリガト・ミスター・ロボットみたいになりました。
69セシル・テイラー・スカム。70アート・アンサンブル・オブ・シカゴ大合唱。
 

スカひら博全曲検証⑩

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年12月 8日(木)15時46分58秒
編集済
  NOW PEOPLE IN ENCLOSURE

I BREAK IT

もう誰も わけのわからない命令に

従わなくてもいいように

してあげるよ


46三森すずこ
47山本彩
48西内まりや
49戸田恵梨香
50市川美織
51熊井友理奈
52宮本佳林
53松井珠理奈
54菅谷梨沙子
55能年玲奈

まきで。書くこと無いんで。お笑い苦手なんで(ソドムのザジ)
50~56あたりが名曲連打の部分です。46ワールド・フリー・ミュージック
・ヴォイスとギター、パーカッション。47ビル・エヴァンス・スカム。
48(ミル・プラトーの)ミクロストリア・スカム。49コーネリアスさま・スカム。
「SENSUOUS」は重要。今でも有効なアプローチだと思います。
50フランク・ザッパとかビーフハートがスタジオでセッションしている風情。
51やくしまるえつこ・NHKFMセッション・スカム。2016年、最先端の
オルタナティヴ。SENSUOUSをさらに推し進めたリズム革命。
52自信作です。キャバレー・ヴォルテールの一番いい曲より、いい曲。
53ペル・ウブ&メイヨ・トンプソンみたい。レジデンツのぐにゃぐにゃした
曲みたいな感じ。54は、51と同じ路線。さらに良い。まるで立花ハジメの
Hだ。55は、37上野樹里と同じ編成でのスーパー・フリー・ジャズ。
吹き散らすサックス。40年間止まっていたジャズの歴史が動いた瞬間。
 

スカひら博全曲検証⑨

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月26日(土)09時42分23秒
  超常現象は 信じられやすい

幻覚・幻聴は 誰にでもあると思うのですが

何度 当たらなかったら

おぼえるのですか

こいつら(舛添要一・高畑裕太・清原一博)

俺じゃなかっただろ

今度も 俺じゃないよ

横山ノックが死ぬ度に 俺が死ぬとでも

思っているのか

41武田紗季
42福田花音
43玉井詩織
44渕上舞
45内田理央

41ホーム・リスニング・ヒップホップ第2弾。(10)菅井友香より
音圧がある。天才は菅井の方がある。42(史上最高)アシッド・テクノ。
田中フミヤさんの「アイ・アム・ノット・DJ」CDには、お世話になりました。
モーリッツォとかのベーシック・チャンネルとか、もちろん電気グルーヴ
(「恐竜戦車」)もね。入っています。43REZみたいなテクノ・クラシック
にならず、エイフェックス・ツインがテキトーに作った曲みたいになった。
44ジャド・フェアの一番いい曲より、いい曲。スカひら博の代表曲ですね。
45マジカル・パワー・マコ「十三仏」みたいに鍾乳洞で録ったみたいな
パーカッションとヴォーカリゼイション。イタリア語みたいだけど、area
とは関係ありません。何とも関係ありません。関係ないけどコバイヤ語って、
ほとんど英語ですよね。
 

スカひら博全曲検証⑧

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月24日(木)13時29分46秒
  気分が変われば生活が変わるとでも思っているのか

あほうども

だまされるなよ

それとも死や無に淡い憧れでもいだいているのか

がきんちょども

だまされるなよ


36後藤彩
37上野樹里
38児玉遥
39大矢梨華子
40豊崎愛生

36初期YMO大げさなフレーズとノイズの狂宴。コミカル美。
37フリー・ジャズ。といってもオーネット・コールマン~アルバート・アイラー
~阿部薫の線ではない。そんなありがちやだよ。ばしっと実感できます。
38ジョニ・ミッチェル・スカム。39ノイズ・ポップ。割と一生懸命作った
んだな。40ルインズみたいにドラムが主役。マニ・ノイマイヤーみたい。
スクエアプッシャー、アインシュトゥルツェンデ・ノイバウテンなんかを
想起させる。
 

スカひら博全曲検証⑦

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月21日(月)14時20分18秒
編集済
  TELEVISION SCENARIO WRITER MAFFIA

IS DIRTY

BECAUSE THEY AGAINST NATURE


本出てます。カルロ・ギンズブルグ(ク?)「ミクロストリアと世界史」
ヨンデクダサーイ

さて、DISC 1(赤盤) 35曲の佳境部分です。青盤の名曲連打へと
繋がっていきます。

31田中美久
32田中奈津美
33松岡茉優
34道重さゆみ
35井上麻里奈

31ヒップホップ。なんぼ関西ノーウェイヴ好きやからて
この町田町蔵はないだろう。32フュージョン土台の速い
リアル・シット・ヒップホップ。33(バンドの)スーサイドも
こんな感じで取り入れると、かっこわるくないと思う。
34ブルー・ハーブ革命後、ついに出たか次のヒップホップ革命
ダイナミック・グルーヴ。ビートもなんもないのに。
35ヤマジカズヒデみたいなアシッド・フォーク。
(実はトム・ウェイツ)(鈴木慶一&ムーンライダースも演っているあの曲)
 

スカひら博全曲検証⑥

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月17日(木)14時08分34秒
  SIMPLE USEFUL BUSINESS

PLANS ABE HAVE

WITHOUT TRICK


END OF STRUGGLE FOR POWER


26星野みなみ
27朝長美桜
28石田亜佑美
29小林あんゆ
30松井玲奈

26ぐじゅぐじゅした曲の次に「抜けの良い」曲。セールスを意識して
いますw。27ハーシュ・ノイズ・ポップ。ヤマタカさんヴォーカルが
まるでドルフィン・ソングがバッファロー・スプリングフィールドで
あるよう。サラリーマンをしたことないイキャパシタンツ。という感じ。
28ジョン・ケージはちゃんと演奏しましょう聞こえない現代音楽。
ヤン富田さんの影響強し。ドゥーピーズはワンダーランドまでの音楽史が
キャロライン・ノーで終わっています。1994年はTLC「クレイジー
セクシークール」、ノブカズ・タケムラ「チャイルズ・ヴュー・リミックス」
ミクロストリア「INIT DING」そして、ドゥーピーズが出た重要な年
で、スカひら博はドゥーピーズみたいに、音楽史をたどりつつ、未来を
見据えていますw。29はダンス・ミュージックです。「踊ってやる・
躍ってやんな~い」「ついて行きます・ついて行くのやだ」
「チュー・チュー・トレイン走り出しそう。ああどうしよう。明日行きの
バスが出るよ」完全否定ソング。戸川純は「踊れない」と歌いましたが
正解です。余計なことしないでください。29はテレビ(ブロス)見てたら
中邑が「アモン・デュールを聴きましょう!」と言っていて、「あ、今、
私に、アモン・デュールを聴きましょうって言った?」ってなって・・・
(うそ)。アモン・デュール・サイケです。珍しくざっくりとした本物の
ロック質感あり。
 

(無題)

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月14日(月)10時46分15秒
  AMERICA IS NOT MEXICO

MEXICO IS NOT AMERICA

A・TA・RI・MA・E

I CAN’T THINK ABOUT

A・TA・RI・MA・E


ARE YOU BOREDOM ?
 

/237